スペガ通信

価格をおさえる外構 -5つのコツ- その4

2016年1月30日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回は 【価格をおさえる外構 -5つのコツ- その4】 です


新築の際、「建物にたくさん費用がかかってしまって、外構にまわす予算がない!?」
という声をよく聞きます。

外構は“家の顔”だから、あまり安っぽいのもイヤですよね。
そこで、価格を抑えるコツを伝授したします



その4 素材選び

当然ですが、安い材料を使えば安く、高い材料を使えば高くなります。

ここでは、安い順番に材料をご紹介します


【床面編】

一番安い「コンクリート」
コンクリート


次は「コンクリート平板」
コンクリート平板


次は「洗い出し」(粒上の砂利を固めたもの)
洗い出ししあげ


次は「タイル」
タイル


次は「天然石」
天然石


次は「レンガ」
レンガ


一番高価なのは「ピンコロ」(10cmサイズの天然石)
ピンコロ



【壁面編】

一番安いのは「化粧ブロック」
化粧ブロック


次は「塗装」
塗装


次は「タイル」
タイル


次は「天然石」
天然石


次は「レンガ」
レンガ



※注意※

あくまでも目安です。

タイルの中にも、高価なタイルと安価なタイルがあります。
高価なタイルを使用すれば、石貼りよりも高くなります。

小さい面積の場合は、材料による金額の違いは少ないです。
広い面積になればなるほど、素材による差が大きくなります。



それぞれの材料の使い方によって、安くてもおしゃれに見せることはできます

ぜひ、お気軽にご相談ください




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ







カテゴリー

ページの先頭へ