外構スタイルの種類〜オープン外構とは?

オープン外構の工夫!

2016年1月9日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「オープン外構の工夫!」です。


お客様との打ち合わせで、オープン外構を希望される方は数多くいらっしゃいますが、オープン外構と言っても、オープンすぎる外構を望む方はあまりおりません。

そこで動線に少し変化をもたせることで、オープン外構なのに、クローズ外構を感じさせるプランへと変貌させることが出来ます。



まずは、玄関前に植木を配置するプラン。

安価ながら十分な目隠し効果があります。ただ常緑樹で葉が密生するタイプは
防犯上好ましくありません。



次も玄関前に植木を配置するプラン。

門袖をずらして配置しているので、S字を描くような動線になり、
より変化を持ったプランになります。




次は門袖を2枚配置し奥行き感をもたせたプラン。

オープン外構ではありますが、クローズ感の高い外構です。

部分的に背の高いフェンスや生垣などを設けるのがポイントです。




続いては、玄関を出て正面ではなく横に動線を持ってくるプラン。

玄関と道路との距離が短い場合などはこのような動線にせざるを得ないのですが、
門袖を回りこんでのアプローチは、道行く人にとってクローズのように映ります。




最後のプランは玄関から道路まで、だいぶ距離を持たせたプラン。

玄関を出てすぐの所に階段を5段くらい設ければ、
最短アプローチが出来るのですが、

四季の移ろいを楽しんでいただくために回遊式庭園のようなアプローチを設け、
オープン外構なのに特別な人でないと入っていけないような雰囲気をつくり出すことで、
クローズ感を出す・・・・


お店でも扉がないのに入りづらい店があるように、雰囲気で壁を感じさせるというのは、
新しい手法としてこれから考えていきたいところです。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




オープン外構 〜金額〜

2016年1月8日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「オープン外構 〜金額〜」です。


オープン外構って何?
一般的に考えられるのは、門扉や、車庫のゲートがついていない
開放的なプランを指すことが多いです。金物を多く使わない分価格は少し抑えられます。


気になる工事の価格ですが・・・正確には現場の状況により土の出る量や、搬入経路の状況によって変わってきます。


プランを元に参考までに金額を紹介します。



玄関前の壁には表札・ポスト・インターフォンなどを取り付けたで目隠ししつつ、

・横のラインから玄関入っていく動線。
・駐車スペースは2台分。
・アプローチは洗い出しという舗装で色付け。
・境界は化粧ブロック2段積にメッシュのフェンスH800。
・庭工事は無し。

上記のプランで植栽や庭工事を含めないで約200万〜220万くらいの工事になります。



シンプルに門袖に表札・ポスト・インターフォンなどを取り付け、
アプローチは自然石で色付け。

駐車スペース2台分。境界は一面のみブロック2段積、メッシュフェンスH800。
全体で160万くらいの工事になります。


工事金額については面積が大きく影響しますが、素材などでも変わるのでご相談ください。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




オシャレなだけじゃない!? オープン外構の決め手

2016年1月7日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「オシャレなだけじゃない!? オープン外構の決め手」です。




開放かつ機能的

オリジナリティ溢れる門廻りは毎日が楽しくなりますね

・・・・しかし気になる点があって迷っている

知れば納得、オープン外構のメリット&デメリットについてお答えします


【 メリット 】

”瀉呂鮑蚤膰造僕用出来て、開放感がある
⊃入者が隠れる場所がない
L膕りにデザインを集約させて、コストを軽減
こ絞造澆肇灰潺縫謄の形成

【 デメリット 】

コ阿らの視線が気になる
Δ隣の越境、伸びた草木が敷地内へ
Э楊椶なければ敷地への侵入が容易
┿匐,陵靴咯譴砲覆蠅笋垢

・・・お気付きかもしれませんが、良し悪しは表裏一体
ただ防犯に関しては100%のセキュリティが存在しない以上、
オープン&クローズに関わらず住人の意識が重要なようです。

デメリットの対策として、

Δ鉢─ΑΑ広いカースペース部分などは外出時に埋め込みポールを立ち上げたり、

隣地境界に低いブロックフェンスで仕切ることをオススメ致します。

イ鉢АΑΑζ過性のある植栽、居住空間への目隠しが効果的です
       施工例からもご覧下さい


〜フェンスでさりげなく



〜シンボルツリーで優しく



〜フェンス&シンボルツリーの合わせ技




施工例はコチラから → スタイル施工例


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




オープンな外構の施工例を紹介♪

2016年1月6日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 オープンな外構の施工例を紹介♪」です。


オープン外構といっても、デザインはいろいろ


これからご新築の方、リフォームをお考えの方、
あなたはどんなデザインがお好きですか


まずは、機能門柱を使用してスッキリとスマートにデザインしたオープン外構。



機能門柱を使用するメリットは、なんといっても小スペースでポスト・インターホン・表札が設置できること!


なるべくシンプルにスッキリ仕上げたい方におすすめです


お次は、人気の和モダンなデザインのオープン外構。



ポイントに和風素材(石・木・植物など)を入れるだけで、
和風の香りが漂いますよ

お次は、ナチュラルな雰囲気のオープン外構。



ナチュラルな雰囲気のオープン外構は、かわいいスタイルが大好きな奥様に大人気です


一言でオープン外構といっても、それぞれのお宅に合わせて設計しますので、
形もデザインもいろいろ


もっと見たい方は、こちらから→→もっとオープン外構施工例を見る


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




オープン外構のアプローチ

2016年1月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 オープン外構のアプローチ」です。


オープン外構のプランを考える時、門扉がないため、
その先のアプローチが見えています。
そのアプローチ、言い換えれば動線が工夫しているのが、
良いプランだと思います。


まずは、玄関から真っ直ぐに道路まで行かない動線のアプローチをとります。


そのメリットは、
 
  <道路と玄関ポーチが近い場合は>
     玄関ドアの中の室内が道路から見えないようにする。
     お子様が急に道路に飛び出さない。
 
  <道路と玄関ポーチが距離がある場合は>
     植栽や舗装に変化をつけ歩くことを楽しむ。

などです。いくつかプラン例を挙げます。






それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




外構スタイルの種類〜オープン外構とは?

2016年1月4日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 外構スタイルの種類〜オープン外構とは?」です。


新築外構をお考えの皆さまが必ず悩まれる外構スタイル・・・

門まわりのデザインは、家のですよね

門まわりから玄関までの空間をどう演出するかが重要になると思います

外構スタイルは大きく分けて3つ

今回はその中でも、オープンスタイルについて説明していきたいと思います

「オープンスタイルってどんなスタイルなんだろう??」

道路に面して開放的な外構スタイルのことを一般的にオープンスタイルと呼びます

門扉や塀、カーゲートなどで敷地を囲わず、建物と統一感のあるデザインで道行く人を楽しませるようなプランニングが私たちプランナーの腕の見せ所です


コトバで説明しても分かりずらいですよね・・・


実際の施工例を少し紹介致します



道路から玄関までの動線が外から見えるので、アプローチデザインも大切になりますよね


他にも気になるオープンスタイル
オープンスタイルのメリット・デメリットはコチラをクリック→クリック
オープンスタイルの気になる金額はコチラをクリック→クリック


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




カテゴリー

2018横浜支店オープン予定
ページの先頭へ