自分で出来る芝貼り

プロが教えるDIY 小さいアプローチ工事

2016年5月22日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


キレイな自然石の乱貼りは、お庭に外構に大人気

石張りはキレイに仕上げるには、高い技術が必要です

チャレンジするなら面積を小さめに、お庭のアプローチから始めましょう


※施工の詳細は、プロが教える外構DIY!石貼り編 を ご覧下さい



コンクリートの下地をつくったら、石を砕きます
破片が沢山出ます、材料は多めにご用意下さい





砕いた石片を敷き並べたら、目地を通します
この目地が完成度を左右します





外から見えにくく、施工がシンプルな程DIYは始めやすいです

休日にコツコツ出来る一部分を、DIYにすると愛着も涌きます

難しかったり複雑な工事は、お任せください


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ







プロが教えるDIY 塗り編

2016年5月21日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回は、「プロが教えるDIY 塗り」です

門袖や、飾り壁など、家の顔となる部分ことが多い「塗り壁」。

新しく作る場合は、ブロックを積んでからの作業になりますが、
すでに壁がある場合は、その上からでも塗ることができます



まずはブロックの角に定規を貼ります。



お次はモルタルで下地を作ります。



簡単なようでキレ〜に平にするのは難しぃ

スペースガーデニングでは、山田左官さんがキレ〜に仕上げてくれます




下地ができたら、塗料を塗ります

ローラーで塗ったり・・・


特殊なコテを使ってラインを入れたり・・・


最後は、汚れをつきにくくする「トップコート」を塗って完成



塗り方の違いだけで、模様をデザインできたりします


塗って、塗って、塗って・・・・


と、単純に見えそうですが


そんな仕事のほうこそ、職人の ”腕” 頼り。


スペガは、信頼のおける職人さんにバッチリ仕上げてもらっています


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ







人工芝の施工方法

2016年5月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


もちろんプロにお任せしていただきたいのですがあえて素人でできる工事といえば・・・
人工芝!最近は大型のホームセンターでもかなり質の良いものが売られております。
雑草対策になり、コンクリートで固める工事と違い、水を浸透するので環境にも優しいですね。

<施工方法>

,泙困蓮既存の雑草や芝の撤去。
完成の高さから砕石と砂の厚み分を計算して土を取ります。

∈媽个鯢澆ます。そして転圧。転圧機がないので重さのある平らなもので平らに仕上げる。

周りの縁取りの舗装材などをモルタルで留めていく。
ず修鯑れて平らにします。

ニ描陬掘璽箸鯢澆ます。(写真なし)
芝生を敷きます。芝の見栄えの良い方向を確認し、ビスで留めていきます。
継ぎ目がある場合は少し重ねて専用ボンドで貼りましょう。


完成です!簡単に見えて大変な作業なのをわかっていただけたのではないでしょうか。
それでもやってみよう!という方、是非チャレンジしてみてください。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ







DIYのフェンス

2016年5月19日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


外構のリニューアル工事を希望されていました。
コストを抑えるために、ボーダーフェンス(板塀)はお施主様が施工しました。
笠木が浮いたオリジナルのフェンスになりました。



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ






プロが教える外構DIY!石貼り編

2016年5月18日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


本日のテーマは「プロが教えるDIY外構編」です。


天然石の乱形貼りのやり方をご紹介します。


外構工事そのものをDIYでやるのは非常に大変だと思いますが、自分自身でちょっとしたスペースを天然石を使って飾ることができたら良いと思いますよね




まず用意するのは、天然石。

ホームセンター等で平米単位で売られていると思うので、好きな石を選んで良いと思います。

※酸性雨で色が段々白くなってしまう石などがありますので、事前に調べておきましょう。




続いて「鉄平ハンマー」。

ハンマーの先にチップ(特殊鋼)が付いているもので、
これでないと石をうまく割ることはできません。


ホームセンターにない場合がありますので

街の金物屋さんを物色すると見つかりやすいです。
(職人さんのトラックが停まっているようなお店が狙い目ですよ)



もう一つは「大ハンマー」。

これは石の下敷きに使うので、レールの切れ端みたいなものでもオッケーです。


割り方はまず大ハンマーを片手で持ち、天然石をその上に乗せます。
(割る場所は予め赤鉛筆等で印を付けておきます)




あとは鉄平ハンマーを使ってコツコツ割っていきます。

ただ、石には目に見えないヒビが多数入っておりますので、思った通りには割れないでしょう。

でも新たな形を模索して楽しみながら天然のパズルを組み上げてほしいですね。
(これが一番難しく楽しいところです)



貼付けに関しては、ホームセンターに売っている、
水を加えて練るだけでできるモルタルやコンクリートを使うのが良いでしょう。


正確なやり方はバサモルやトロといったものを使って張り付けていきますが、
砕石を敷いてモルタルで張付けても充分ですよ。(車が乗らないことが前提ですが)


傾斜をつけて平らに仕上げ、目地をしっかりと埋めて
キレイに拭き取ると仕上がりがきれいになります


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ






プロが教える庭のレンガ敷きDIY!!

2015年12月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回は 【プロが教える庭のレンガ敷きDIY!!】 です






こ〜んなお庭が自分の手で出来てしまったら、お友達に自慢できますよね!!



もちろん、プロでなくても造ってしまう強者もおります。



でも、難しいですよ



本日は、この図面の中でも比較的簡単にできてしまう、レンガ敷きを大公開



まずは、仕上げの高さを決め、
そこから「レンガの厚さ」+「カラモル厚2センチ」+「砕石3〜4センチ」分の土を
すき取ります。




最初に砕石を撒き、平らになるようによく踏みしめます。
コンクリートの平板とか重くて平らなものを利用すると確実ですね。

この作業がしっかりとできていないと、仕上がり後のレンガが傾いてきたりします



続いて「カラモル」と僕らは呼んでおりますが、セメントと砂だけを混ぜて作ったもの(水を入れてない状態)を砕石の上に2センチ厚くらいで、左官鏝を使って平らにしていきます。

このカラモルは、ホームセンターで「ホームモルタル」とかいう名前で調合されたものが売っていますので、それを使うのがベストです



次にレンガを置き始め、水平器を見ながらショックレスハンマーで平らに並べていきます。




目安になるように、水糸をピンと張っておくとよいでしょう。




最後に水をタップリ撒いて2,3日養生ですね。






そして完成です

大まかですが、これが基本的手順です。





最初は物置の前とか、立水栓の前とか狭い範囲の施工にチャレンジしてみてください。


コツさえ覚えれば、アプローチくらいは問題なく出来ますよ





それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ







プロが教えるDIY 塗装編

2015年12月15日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます



今回は 【プロが教えるDIY 塗装編】 です



門袖や、飾り壁など、家の顔となる部分ことが多い「塗り壁」。

新しく作る場合は、ブロックを積んでからの作業になりますが、
すでに壁がある場合は、その上からでも塗ることができます



まずはブロックの角に定規を貼ります。




お次はモルタルで下地を作ります。




簡単なようでキレ〜に平にするのは難しぃ

スペースガーデニングでは、専門の職人がキレ〜に仕上げてくれます




下地ができたら、塗料を塗ります

ローラーで塗ったり・・・




特殊なコテを使ってラインを入れたり・・・




最後は、汚れをつきにくくする「トップコート」を塗って完成



塗り方の違いだけで、模様をデザインできたりします


塗って、塗って、塗って・・・・


と、単純に見えそうですが


そんな単純な仕事の方こそ、職人の ”腕” 頼り。


何十年かけて磨き上げた職人と同じ仕上げは難しいかもしれませんが、
”作る楽しみ”をぜひ味わっていただけらなと思います



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ





プロが教える庭のレンガ敷きDIY!!

2013年6月8日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「プロが教える自分でできるDIY庭とは」です。




こ〜んなお庭が自分の手で出来てしまったら、お友達に自慢できますよね!!


もちろん、プロでなくても造ってしまう強者もおります。
でも、難しいですよ


そこで比較的簡単にできてしまう、
レンガ敷きを大公開


まずは、仕上げの高さを決め、そこから「レンガの厚さ」+「カラモル厚2センチ」+「砕石3〜4センチ」分の土をすき取ります。




最初に砕石を撒き、平らになるようによく踏みしめます。
コンクリートの平板とか重くて平らなものを利用すると確実ですね。


この作業がしっかりとできていないと、仕上がり後のレンガが傾いてきたりします




続いて「カラモル」と僕らは呼んでおりますが、
セメントと砂だけを混ぜて作ったもの(水を入れてない状態)を
砕石の上に2センチ厚くらいで、左官鏝を使って平らにしていきます。

このカラモルは、ホームセンターで「ホームモルタル」とかいう名前で調合されたものが売っていますので、それを使うのがベストです




次にレンガを置き始め、水平器を見ながらショックレスハンマーで平らに並べていきます。



目安になるように、水糸をピンと張っておくとよいでしょう。


最後に水をタップリ撒いて2,3日養生ですね。






そして完成です
大まかですが、これが基本的手順です。


最初は物置の前とか、立水栓の前とか狭い範囲の施工にチャレンジしてみてください。


コツさえ覚えれば、アプローチくらいは問題なく出来ますよ


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

プロが教える自分でできるDIY庭とは〜ガーデニング〜

2013年6月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「プロが教える自分でできるDIY庭とは〜ガーデニング〜」です。


季節ごとに花咲くガーデンにするためには、
住まう人の丹精な管理の賜物です。


ガーデニング初心者は、
寒さに耐える植物を選定して植栽計画をして、
一番華やかな春を目指してみてはいかがでしょうか?


冬は土づくりと、園芸作業の一年のはじまりです。



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

自分で出来る芝貼り

2013年5月29日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「自分で出来る芝貼り」です。


庭工事全部自分でやるのは大変ですが、一部でも自分で作った所があると
愛着が湧きますし、手を掛けた分だけ気に掛けるようになります。

自分で出来る事と言えば[芝貼り]
芝生は西洋芝と日本芝がありますが、一般的に良く使われるのは高麗芝。

冬は葉枯れをしていますが、管理がしやすくおススメです。
ホームセンターなどでも容易に手に入ります。

夏場は長期間重ねて置いておくと、蒸れてしまいますので、
なるべく新鮮なものを使用しましょう。1束で1屬鯡椣造砲靴堂爾気ぁ

,泙困話鰐未鯤燭蕕砲覆蕕后覆海譴1番大事!)
⊆任鯢澆並べる。特に隙間などを空けなくても大丈夫です。
FГ
ぬ榲擇鮖気
タ紊鮖気

以上です!



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

カテゴリー

ページの先頭へ