角地のお庭にウッドデッキ

ウッドデッキとパーゴラセット

2016年9月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます

今回は、「ウッドデッキとパーゴラセット」 です

こちら↓↓↓
庭 | パーゴラ | デザイン庭 | パーゴラ | デザイン

ウッドデッキに、道路からの目隠しを兼ねたラティスフェンスをつけて、
上にはパーゴラをつけてオシャレに!

庭 | パーゴラ | デザイン庭 | パーゴラ | デザイン

ラティスフェンスから、パーゴラに向けて、つる性の植物をからませれば、
涼しげな日よけになります

ウッドデッキが、お子様を安心して遊ばせられるプライベート空間になりますよ

ウッドデッキと一緒にパーゴラ、おススメです


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ






デッキのある庭

2015年12月12日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「デッキのある庭」です。


デッキの使い方、同じ敷地でもこんな使い方で
お庭も雰囲気が変わるよ!というプランを紹介します。

〈お庭全体をデッキにした提案〉
全面デッキだと単調になりそうですが板材の貼り方を変えることで
柄ができてモダンになりました。

周りを囲うことで個室のような落ち着いた空間ができます。
変形型の敷地でも角度がついて面白いデザインができることもあります。
コーナーに設けた三角形の台も腰かけたり、鉢を置いたりと利用できます。



〈デッキ+坪庭〉
部屋から緑が見えると心が和みます。デッキを腰かけとして小さなお庭を眺めてみると
お手入れもしてみたくなるかも。飛び石で通り抜けができるのもポイント!


もっとウッドデッキ施工例を見る" >


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




庭の必需品!ウッドデッキのプラン

2015年12月11日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「庭の必需品!ウッドデッキのプラン」です。


【丸みを帯びたデッキ】
四角いだけではありません。天然木ならでは!、オリジナルの形状が作れます



四角形の端部はデットスペースになりがちですが、
丸みを帯びることでスペースを有効に使用出来ますね



【低いデッキ】
窓の高さに合わせることが多いですが、低くすることで庭との一体感が増します。



植栽やライトアップもお庭の目線で楽しめるプランです。
広々としたスペースは立ち上がりも低く、小さなお子様も安心して遊べます



ライトアップをとりいれると夜は別の表情も楽しめますね



【木道のようなデッキ】
主庭へいくための補助的なデッキに眺める楽しさをプラス。



木々の中を渡すデッキは歩行用なのでウッドステップでしょうか?
ウッドステップの方向を振ることで、植栽を満喫出来ます



もっと施工例をみる → テラス(ウッドデッキ)施工例へ


形状も高さも、お客様の寛ぎ方でもウッドデッキは様々なご提案が可能です。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




ウッドデッキもいろいろ

2015年12月10日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「ウッドデッキもいろいろ」です


まずは・・・

★ワンちゃんと楽しむウッドデッキ



どこがワンちゃんと???と思った方


よ〜く見て下さい


ウッドフェンスに空いている穴。
ワンちゃんの足形なんです


ちなみに、この穴。
ワンちゃん用の窓なんですよ


このプランの施工写真はこちらから→→ワンちゃん足形窓


お次は・・・

★傾斜地に作った“まるで別荘のようなウッドデッキ”



大きな木々が生い茂る急傾斜地に、ウッドデッキを作りました


木々に囲まれているので、住宅街の中なのにまるで別荘地です


こんな傾斜地にも作ることができますので、
うちは無理だわ〜
諦めている方、ぜひ一度ご相談ください


このプランの施工写真はこちらから→→傾斜地ウッドデッキ


ウッドデッキでバーベキュー

憧れますよね!

ウッドデッキが気になったら、
ぜひお気軽にお声掛けください


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




小さいデッキと大きなデッキ

2015年12月9日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 小さいデッキと大きなデッキ」です。


デッキとは何かなと思い、英語の『deck』の意味を調べたら
船の甲板のことだそうです。


PLAN‐さくてもデッキになり、掃出しから出るための階段にもできます。


PLAN中間の大きさのデッキは、既存のデッキを延長しています。



PLANB腓なデッキは、ワンちゃんを遊ばせるスペースにしています。



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




さいたまウッドデッキプラン

2015年12月8日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「さいたまウッドデッキプラン」です


スペガではウリン材という天然木を使ってウッドデッキをご提案することが多いです


ウリン材施工例はコチラ


◎プラン1



既存のタイルテラスを利用しつつ、広めのデッキをご提案しました
一番広い部分で3Mほどあります
お子様のプール遊びなど大活躍のようでした

◎プラン2


リビングの掃き出し窓前と和室前の掃き出し窓に一つながりのデッキ。
濡れ縁と併用しています

◎プラン3


イレギュラーですが、掃き出し窓とは関係なくデッキをご提案させていただくこともあります
広いスペースなので、使用用途は無限大

◎プラン4〜おまけ〜


ドックランもいっしょにご提案

お見積り・プランは無料です

お客様だけのオンリーワンのデッキを作りませんか?


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ





ウッドデッキ・デザインあれこれ

2015年1月13日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 ウッドデッキ・デザインあれこれ」です。



まずは、ウッドデッキにタイルテラスを組み合わせたプラン。

タイルテラスの水勾配を気をつければ、
ウッドデッキに多彩なアクセントをつけることが出来ます。



次は、2窓の出入りを考えたプランで、1窓が濡れ縁風になっても利便性は向上します。






ウッドデッキを造ると、部屋から遠い位置に配置されてしまうのが植木たち。


そんな時はデッキをまる〜くくり抜いて、植木を植えてしまいましょう。


夏の強い日差しを防いでくれる場所や、
リビングからの眺めを考えた場所へ自由に植えてしまいましょう。


小さなお子様がいる家ではくり抜きをなるべく小さく、お子様が大きくなり樹木もがっちり太ってきたら、それに合わせて大きくくり抜いてあげましょう。



ウッドデッキを造ったら、フォーカルポイントがほしいですね。

例えば壁泉とか、



デッキの高さまで嵩上げした花壇とか





テラコッタポットと照明だけでも、雰囲気は最上級です。





加工性の高い天然木のウッドデッキはいろいろなアイデアを形にしてくれる素材です。

上のプランのようにスロープを造ることも問題ありません。

人にやさしいウッドデッキはガーデンライフになくてはならない素材ですね。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

子供たちも安心!ウッドデッキデザイン

2013年11月28日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 子供たちも安心!ウッドデッキデザイン」です。




お庭側、全面にウッドデッキを取り付けたプランです。


デッキの半分が階段になっており、小さなお子様にも安心です。


もう半分は、低い生垣にして、やはり小さいお子様の転落防止を考えました。
普通は手すりを考えるところですが、リビングから見た場合、開放感が手すりによって
損なわれる可能性があるため、この素材を思いついたんですね


アプローチ側は目隠しも兼ねて飾り壁と流し。
バーベキューも気兼ねなく出来ますね


サークルでつくられた砂場と広い芝生で、子供たちが伸び伸び
安心して遊べるプランになったと思います


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

ウッドデッキプラン〜人工木材編〜

2013年11月27日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 ウッドデッキプラン〜人工木材編〜」です。


こちらは人工木材である樹木の木靴濃楾された例です。
曲線の階段とそれに合わせた土間舗装にプランしました。
メンテナンスフリーの庭で、デッキの手前側は駐車場としても利用できます。




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

角地のお庭にウッドデッキ

2013年11月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「角地のお庭にウッドデッキ」です。




道路に面した角地のお庭。


南側で日当たりが抜群ですが道路からの視線も気になります。
ウッドデッキをつくっても目隠しが出来ていないと落ち着かない空間になってしまいそうですね。


道路境界全体をフェンスで囲えば、完全な目隠しにはなりますが、
・コストもかかる・・・
・閉鎖的な印象にならないか・・・

などの心配もある。


そんな時デッキと一体化した手摺の様なフェンスや
植栽を交えたスリット的な角柱を使うのはいかがでしょうか。



完成はこんな感じです。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

カテゴリー

ページの先頭へ