シンボルツリーにおすすめヤマボウシ!

シンボルツリーにアオハダを・・・

2015年10月29日



こんにちは


今回のテーマは「シンボルツリーにアオハダを・・・」です


アオハダ(青膚、青肌) モチノキ科モチノキ属 学名:Ilex macropoda



灰白色をしている樹皮は薄く、
爪先で削ぐと青緑色した内皮が現れるので「青膚」と呼ばれています。


樹勢が強く日当たりの良い場所を好み、
根は浅根性で、根回しをすれば、移植は容易。


雌雄別株で、雌木には秋にソヨゴのような小さな赤い実をつけます。


基本的に剪定の必要はなく、自然な樹形を楽しむ落葉樹です。
そして、自然な樹形が一番発揮されるのは冬。



ライトアップで存在感を出してあげれば、まさにシンボルツリーです。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




紅葉

2015年10月28日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「紅葉」です。


モミジ。新緑の時の柔らかな葉っぱが開いていく様がとてもかわいらしい木です。
花は目立たないのですが葉の色で季節感を感じることができます。
庭木の中でも人気は根強いです。


紅葉と書いてモミジ。名前の通り、カエデ科の中でも紅葉するものをモミジと呼びます。
日本ではおもに、イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジが代表的で、
この3種からいろいろな園芸品種がつくられています。



イロハモミジ


モミジの実

春の新芽から紅葉しているような赤もみじ(ノムラモミジやデショウジョウ)も園芸品種です。



自然樹形で美しいのであまり強い選定は控えましょう。秋の選定をお勧めします。


カエデ。カエルの手に似ていることからカエデと呼ばれるようになったとのこと。


寒い地方のものはきれいに紅葉するものも多く、
日本でも街路樹で中国原産のトウカエデをよく見かけます。


カエデの中には切れ込みのないもの(チドリノキ、メグスリノキ)もあります。


サトウカエデはカナダの国旗で使われるカエデで樹液から
メープルシロップが取れることで有名ですね。


日本のカエデでもイタヤカエデなどはシロップが取れるそうです。



トウカエデの紅葉

トウカエデの葉っぱ


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




花が魅力のシンボルツリー

2015年10月27日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「花が魅力のシンボルツリー」です。


満開に咲き誇る、花を重視するなら【 エゴノキ 】を



【科名】エゴノキ科 

【開花】5〜6月

【備考】未熟果の毒性による、えぐみより由来します。
    昔は、果皮は泡立ち汚れが取れるため洗濯や
    果実を砕いた汁で魚捕りに用いられました。


      

うつむく様に咲く花を楽しむなら
玄関や門柱の前、デッキやテラスなど近付ける場所がベストです。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




シンボルツリーのスーパースター・ハナミズキ

2015年10月26日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「シンボルツリーのスーパースター・ハナミズキ」です。


ハナミズキと聞くと、一青窈の「ハナミズキ」を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

ハナミズキの花言葉は、「私の思いを受けてください」「華やかな恋」などです。

歌も花言葉もステキですね



春にはかわいい花(実は苞)が木を覆い
花の後には清々しい新緑を
秋には紅葉と赤いかわいい実を楽しむことができる
見所が盛りだくさん!


放っておいても、奇麗な樹形に育ちます
なんて、素晴らしい庭木なんでしょう


植木初心者の方にも、おすすめです


新居を建てた記念に、子供が生まれた記念に、子供が入学したお祝いに
記念樹としてもおすすめです

お庭に1本いかがですか?

もっとシンボルツリー施工例を見る




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




シャラとヒメシャラ

2015年10月24日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「シャラとヒメシャラ」です。


平家物語の冒頭に
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響き有り 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」
とあります。
シャラノキは仏教で聖木とされる沙羅双樹(さらそうじゅ)にちなんだ名前ですが、
インド原産のシャラの樹とナツツバキは別物です。


平安時代の古い昔から、庭木として親しまれているナツツバキが、
現在も庭のシンボルツリーとして人気が衰えていません。


その魅力のポイントは樹姿や幹だと思います。


樹形は直立して、やや上向きに枝を広げるため、
ヤマボウシと違い、横幅をとりません。
自然樹形ですらっとした樹姿です。


ある程度大きく育つと幹の皮がめくれ、美しい模様が見られます。
皮が落ちた跡は、赤褐色になり、サルスベリやリョウブの木肌に似ています。


シャラノキ


ヒメシャラ

※ヒメシャラとシャラノキの違い
 ヒメシャラの花はシャラノキより小ぶりです。
 またヒメシャラの木肌はシャラノキより赤みがかっています。
 ヒメシャラのほうが生長が遅いです。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




シンボルツリーにおすすめヤマボウシ!

2015年10月23日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「シンボルツリーにおすすめヤマボウシ!」です。


おすすめの落葉樹ということで、私からは『ヤマボウシ』を紹介したいと思います



開花期は4月〜6月


花びらのように見える白い部分は実は苞と呼ばれ、
実際のヤマボウシの花は中央にある部分のことを言います。


漢字で書くと『山法師』
白い苞が白い頭巾をかぶった山法師を連想させることから
この名前がついたそうです


秋には美しく紅葉し、赤い実を付けます。



自然のままの樹形で楽しめ、初夏はかわいらしい花・秋は紅葉と実を楽しめる
大変オススメのシンボルツリーです


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ




カテゴリー

2018横浜支店オープン予定
ページの先頭へ