室内犬と一緒に過ごす庭

「犬と過ごす庭デザイン」!!危険な植物編!!

2015年8月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 「犬と過ごす庭デザイン」!!危険な植物編!!」です。


危険な植物というのは、簡単に言えば毒草のことで、犬に限らず、ネコやウサギ、人の赤ちゃんにとっても非常に有害なものです。


植物毒の多くは、アルカロイド系の物質です。
これは、動物の体内に入ると神経ホルモンの活動を冒す神経毒となります。



・アイビー   ・アサガオ   ・アジサイ   ・アセビ

・カロライナジャスミン   ・イヌサフラン   ・ウメの実

・エニシダ   ・オダマキ   ・オモト   ・カタバミ

・キキョウ   ・クリスマスローズ   ・グロリオーサ

・ケマンソウ   ・スイセン   ・スズラン   ・セローム

・ツルニチニチソウ   ・トマト   ・パキラ   ・パンジー

・ビオラ   ・ヒヤシンス   ・プリムラ   ・ポスト

・マーガレット   ・モンステラ   ・ルピナス


どの家庭にも植えてあるだろう植物をチョイスしてみましたが、
こんなのはほんのごく一部です。


安全の事を考えて、植えないのが一番なのかもしれませんが、
園芸の楽しみもなくなってしまいます。


ただ、動物たちは本能的に毒草を口にしないとも聞きますので、
注意深く見守れば大丈夫なのかもしれませんね。


よく、胃の中の毛玉を取るのに草を食べる習性があるので、
それに紛れ込んでしまうのが一番怖いのではないでしょうか。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

「犬と過ごす庭デザイン」〜真砂土舗装の園路〜

2015年7月29日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 「犬と過ごす庭デザイン」〜真砂土舗装の園路〜」です。


犬が歩きやすい園路のご要望がありました。
そこで”真砂土舗装材”をおすすめしました。


真砂土(マサド)舗装材は保水性に優れ、日光の照り返しを抑えて
ヒートアイランド現象を緩和します。


こちらの施工写真には部分的にアクセントとしてレンガを埋め込んでいます。
ワンちゃんの足元には優しい園路になりました。




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

犬と過ごす庭〜芝〜

2015年7月27日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「犬と過ごす庭〜芝〜」です。


ペットは家族の一員として大切な存在ですよね。
お庭を考えるとき、ワンちゃんが走り回れるようにするにはどうすれば・・・とご相談は多いです。


ワンちゃんは本当は土が大好きです。
分かっていても土で遊ばせるとその後の掃除が大変・・・悩む所です。


人工芝、ウッドチップ、チップロード・・・何だかんだ言っても、
やはり芝生が一番ワンちゃんは喜びます!



全部芝生にしなくてもいいんです。一部だけ芝生の部分を残してあげて下さい!
荒らされたところは張替え覚悟でお願いします。




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

犬と過ごす庭〜ウッドデッキ〜

2015年7月26日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「犬と過ごすウッドデッキ」です


施主様もワンちゃんも過ごしやすいお庭が、一番ですよね


施主様にとっては、メンテナンスが楽ちんで、
ワンちゃんの足にやさしい。「天然素材アイアンウッドのウッドデッキ」


アイアンウッド(鉄のように硬い木)だから、防腐剤処理もいらないノーメンテナンス


樹脂製のウッドデッキのように、夏場熱くならないので、ワンちゃんにもやさしい




 






こんなふうに、ウッドフェンスにワンちゃん用の小窓を作ることもできますよ


足形です


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

愛犬のためにガーデンルームを!

2015年7月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「愛犬のためにガーデンルームを!」です。


あこがれのガーデンルーム
最近はペットも家族の一員ということで、ワンちゃん・ネコちゃんの為に
ガーデンルームやテラス屋根を付ける方が急増しています




こちらはTOEXのzimaという商品です
床の仕上げはウリン材のデッキ
ワンちゃんにやさしい材料なんです


お天気の悪い日が続いてもストレス溜めずに遊べますね



それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

犬と過ごす庭デザイン!!

2012年10月22日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


本日のテーマは「犬と過ごす庭デザイン」です。




ワンちゃんを飼い始めたら、お庭を自由に遊ばせたいと思いますよね!


それにはしっかりとしたフェンス、門扉などで囲んでしまうのが絶対条件でしょう。


おすすめは、図面のようなアイアンウッドで造られたフェンスと門扉。
高さ、幅、板の隙間など自由に造作できます。


ワンちゃんの大きさに合わせて加工ができますよ




お庭は芝生を一面に貼りたいですね。
ただ、人の歩くアプローチはしっかりと舗装したほうが良いでしょう。


ウッドデッキもワンちゃんと触れ合うための大事なスペースです。
デッキ上に少し日陰ができるように植木を植えてあげると、夏場は涼しく過ごせそうですね。




最近はガーデンルームをワンちゃんの部屋にしているお客様もいらっしゃいます


うらやましい〜


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

小型犬のいるお庭

2012年10月21日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「小型犬のいるお庭」です。


ワンちゃんが敷地の外にでないように配慮したお庭のリニューアルです。
お庭に扉を付けるプランと、デッキに扉をつけるプランを提案しました。




それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

ワンちゃんとくつろぐ庭デザイン 〜ウッドデッキ編〜

2012年10月20日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回は、「ワンちゃんとくつろぐ庭デザイン 〜ウッドデッキ編〜」 をご紹介

庭 | 犬 | ウッドデッキ | デザイン庭 | 犬 | ウッドデッキ | デザイン

大きな窓の前には、目隠しを兼ねた高めのウッドフェンスにし
それ以外は、ワンちゃんが外に飛び出さない高さの門扉とフェンスに。


フェンスには、ワンちゃん用の小窓(足跡型)を


ワンちゃんとのんびり過ごせるウッドデッキです


庭 | 犬 | ウッドデッキ | デザイン庭 | 犬 | ウッドデッキ | デザイン


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

犬と過ごすお庭!ウッドデッキのようなテラス

2012年10月19日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


ワンちゃんも大切な家族な一員だから、
一緒に過ごせる空間が嬉しい


ウッドデッキのようなテラスをご提案します






こちらのワンちゃんの性格は大人しく小型犬


道路に面したお庭には高低差があるため、
ウッドフェンス・角柱・植栽で、囲いを最小限にしました。


テラスの床仕上げは、見た目も風合いも木材そっくりなタイルをご提案


お掃除がしやすくて心地良いからワンちゃんもご主人も大満足


真夏の日差しを遮るタープとワンちゃんの洗い場も忘れずに


お客様の生活スタイルとワンちゃんの性質(性格)に合った、
快適空間づくりをお手伝い致します


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

室内犬と一緒に過ごす庭

2012年10月18日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「犬と過ごす庭デザイン集」です


さて、最近のワンちゃんは、ほぼ室内で飼われてはいませんか?
子犬から成犬まで、人間と一緒に過ごすことが多くなってきたと思います。


私事ではありますが、家族がドックトレーナーやっていたこともあり
飼い主様からのお問い合わせは多かったようです。


しつけ、病気、ストレス…
人間と一緒ですね。


まず、ストレスは室内ばかりだと運動不足だったり
リフレッシュが足らなかったり…いろいろ


そこで、今回はちょっとしたお庭でも小型犬なら…とご提案
ウサギちゃんも、もちろんOK



駐車場と、お庭を門扉、フェンスでしっかりとガード。
飼い主様も安心。


また、ウッドデッキには立水栓も設置して
ワンちゃんの足を綺麗にしてからお部屋へGO〜


ウサギちゃんだったら、お庭にウサギちゃんの好きな野菜を植えて
そのまま食べれますね





それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

カテゴリー

ページの先頭へ