和風 「塀」+α

外構の塀デザイン(ボーダータイル編)

2014年11月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます




本日のテーマは「外構の塀デザイン」です。






モダンな門袖デザインです。




オープンでありながらクローズデザインのようにみえるように、袖壁を2枚配置して玄関が丸見えにならないようにしてあります。




小さめのボーダータイルを貼り付けて、少し華やかさをもたせておりますが、貼り付け部分を少し凹ませることでエッジの効いたくっきりとした印象を持たせることが出来ます。




凹ませずに貼り付けても良いのですが、印象はぼやけた感じになります。






2枚に配置した塀は門扉のサイズを考えて内寸を決めるとよいでしょう。
将来門扉を必要とした時に、収まりが良いほうがいいですよね。






門袖裏には自転車置き場を配置。




門袖に隠れるように自転車が置けるので、道行く人にごちゃごちゃした印象を見せることがなくなります。






照明も、暗闇がなくなるように計画します。






このプランではお庭にピザ窯を造ってみました。




まぁ、出来合いのものなんですが、家庭用としては十分すぎる商品です。




我が家にも置きたい


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

外構の塀デザイン ! 曲線の壁

2014年2月27日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます

 
道路とお庭、どちらからでも美しい


【 外構の塀デザイン !曲線の壁 】 を ご紹介致します








生垣を撤去後、既存の門袖に合わせて外壁をつくりました


壁を曲線にすることで、道路側からは敷地の奥行感が増します


お庭側も植込みスペースが増えます、グリーンが映える春が待ち遠しいです





それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

ヘ〜イ ヘ〜イ ヘイ ヘ〜イ 塀!

2013年8月14日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回は、「ヘ〜イ ヘ〜イ ヘイ ヘ〜イ 塀!」ということで

外構の塀デザインをご紹介

こちら
塀 | 外構 | デザイン

ゴミステーション前のお宅。


角地&ゴミステーションで、人通りが多く、とっても目立つ一角


生垣の手入れも大変ということで、リフォームしました。


道路より高いところに、塀を ”ド〜ン” と立ててしまうと圧迫感がでてしまうため、


塀とウッド調の角柱を組み合わせて、「抜け感」のあるデザインに


さらに塀と角柱を曲線に配置して、

塀の前に植栽スペースを作ることで、さらに圧迫感を軽減


さらにさらに、おそろいで門柱もリニューアル。

塀 | 外構 | デザイン


目立つところだからこそ、手入れが楽で、オシャレにしたいですよね

塀 | 外構 | デザイン塀 | 外構 | デザイン


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

和風 「塀」+α

2012年12月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


さて、本日のテーマは「外構の塀デザイン」です

塀にもいろいろあります。

今回は、「和」



塗装壁を上下で色分けし、間にパーツで分けました。

また、透け感を出す為に「プログコート(LIXIL)」、角柱をご提案。

建物に合わせて、一緒に考えていきましょう。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ

カテゴリー

ページの先頭へ