スペガ通信

プロが教える庭のレンガ敷きDIY!!

2013年6月8日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「プロが教える自分でできるDIY庭とは」です。




こ〜んなお庭が自分の手で出来てしまったら、お友達に自慢できますよね!!


もちろん、プロでなくても造ってしまう強者もおります。
でも、難しいですよ


そこで比較的簡単にできてしまう、
レンガ敷きを大公開


まずは、仕上げの高さを決め、そこから「レンガの厚さ」+「カラモル厚2センチ」+「砕石3〜4センチ」分の土をすき取ります。




最初に砕石を撒き、平らになるようによく踏みしめます。
コンクリートの平板とか重くて平らなものを利用すると確実ですね。


この作業がしっかりとできていないと、仕上がり後のレンガが傾いてきたりします




続いて「カラモル」と僕らは呼んでおりますが、
セメントと砂だけを混ぜて作ったもの(水を入れてない状態)を
砕石の上に2センチ厚くらいで、左官鏝を使って平らにしていきます。

このカラモルは、ホームセンターで「ホームモルタル」とかいう名前で調合されたものが売っていますので、それを使うのがベストです




次にレンガを置き始め、水平器を見ながらショックレスハンマーで平らに並べていきます。



目安になるように、水糸をピンと張っておくとよいでしょう。


最後に水をタップリ撒いて2,3日養生ですね。






そして完成です
大まかですが、これが基本的手順です。


最初は物置の前とか、立水栓の前とか狭い範囲の施工にチャレンジしてみてください。


コツさえ覚えれば、アプローチくらいは問題なく出来ますよ


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ


カテゴリー

ページの先頭へ