スペガ通信

〜木を知ろう〜第二十七回・樹皮の観察Σスジの理由

2013年12月26日



こんにちは
木を知ろうのコーナー連載第二十七回目です
今回は樹皮の観察Σスジの理由です

■ヒモをまいたあと

ヒモやワイヤーでゆるくまいたつもりでも、木はいつしか太くなります。
まかれたヒモを飲み込んでしまったあとは、その部分が弱くなるので、
折れないようにとふくらみます。
しかし、くっついて無い部分があることには変わりがないので
そこは折れやすくなります


がっしり支柱をされると、そこが支点となり、結束部分は強い力を受けます。
その部分より上は折れないように太くなるのでヒモのあとがつきやすいのです。
はずした後、支柱より下に縦割れができる場合があります

■圧縮を受けできたしわ

圧縮を受けると出っ張ったしわになります。
樹木の重さと風圧により根元が圧縮を受け、
しわが現れたり、枝に重さに耐えかねて少しずつ下がっている
ときに現れます


過去の「〜木を知ろう〜」はこちらからどうぞ
〜木を知ろう〜


植木や草花についてもっと知りたいという方はこちらへどうぞ
おすすめプランツのページへすすむ


18:08 |  

カテゴリー

ページの先頭へ