スペガ通信

クローズ外構〜金額〜

2016年1月2日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


今回のテーマは「 クローズ外構〜金額〜」です。


今週のテーマはクローズ外構ということで紹介できるものを自分の物件で探してみたものの柏エリアでは圧倒的にオープンタイプの外構工事が多いことに気づきました。

理由としては新築の時は予算がなく、どうしても必要なも工事(土留め・土間・門袖)が優先されることが考えられます。
東洋エクステリアの新商品のカタログで商品を使った図面がわかりやすく紹介されていたので、参考に載せます。

狭小のアプローチにはスライドドアがお勧め。
金物商品のセット価格1,040,500


目隠しを重視した門扉やフェンス。
金物商品のセット価格21,61,060


クリアマットのポリカーボネートの「オーバードアS6型」モダンで他の外構と差をつけます。
金物商品のセット価格2,487,450


アプローチ兼駐車スペースで親子の伸縮門扉で便利
金物商品のセット価格1,195,060


木調のアルミ角柱と門袖でナチュラルさのある外構
金物商品のセット価格1,587,690

※どれも金物のみの定価での紹介なので、取り付け費や、床の土工事、ブロック積工事などは含まれていません。
工事価格については施工面積だけでは判断できず、現場の状況、隣地境界、道路との高低差などを確認してからでないと金額は算出できません。
ぜひお問い合わせ下さい。


それではスペガ通信を最後まで読んでくださり、ありがとうございます


資料請求へ





カテゴリー

ページの先頭へ