スペガ通信

「ウッドデッキ」それとも「タイルテラス」?どっちを選ぶ?? vol.3

2015年10月5日



こんにちは

スペガ通信をお読みいただきありがとうございます


 【「ウッドデッキ」それとも「タイルテラス」?どっちを選ぶ?? vol.3】 


今回はタイルテラスのメリット・デメリットをご説明します。

タイルテラスのメリットといえば、なんといってもその “高級感” です

庭 タイルテラス

白く輝くテラスは、まるでホテルのプールサイド
はたまた海外のオシャレなオープンカフェのようです

そんなリゾート気分が味わえるのがタイルテラスです

もうひとつのメリットは、“掃除が楽ちん” という点です。

ウッドデッキには板と板の間に数ミリの隙間がありますが、
タイルテラスには隙間はなく、一面フラット!

だから、隙間にごみが落ちる心配もなく、
簡単な汚れは水で洗い流すだけでOK
しつこい汚れは、ブラシでシャシャッとこすれば落ちます

庭 タイルテラス


ではでは、タイルテラスのデメリット は何でしょう?

それは “室内と段差がついてしまう” という点です。

ウッドデッキの場合はリビングとほぼフラットに床を作ることができますが、
タイルテラスの場合、ほとんどがリビングより1段下がって床を作ることになります。

タイルテラス 段差

なぜ

それは、建物の換気 と関係しています。

最近の建物の多くは、「水切り」と呼ばれる建物の基礎と1階の間から、建物内の換気を行っています。

そこをふさいでしまうことは、換気の流れを止めてしまうことになります

ウッドデッキの場合、床下は空洞のため換気口をふさぐことはありません。

しかし、タイルテラスの場合、床下は石やコンクリートで埋まっているため、
水切りよりも高くしてしまうと、換気口をふさぐことになります

よって、タイルテラスを作る場合は、水切りよりも低くなるため
室内の床より1段下がってしまうのです。


しかーーーし

建物の換気口がどこにあるのかによって、
またまたオプションを追加することによって、室内とフラットにすることもできます

タイルテラス 段差なし

うちの場合はできるのかしら?と思ったら、遠慮なくご相談ください

営業がお伺いして、ベストな方法をご提案させていただきます


それではこれにてタイルテラスのメリット・デメリットはおしまいです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

次回もお楽しみに



資料請求へ



カテゴリー

ページの先頭へ