八千代市 リフォーム工事 I様邸

庭リフォーム 八千代市緑が丘 K様邸

2016年1月7日



今日から着工をさせていただきます。
現場を担当する佐藤 衛と佐藤 健二です。宜しくお願いします。

今日は生け垣の撤去から始めていきました。
既存のフェンスに絡まっている植木を、道路側から鋏でカットしながら剥がしました。
カットをした植木をトラックに積み込んで、絡まっている枝などを取り除き、最後に根を掘り出しました。
生け垣の撤去が終わりました。

庭リニューアル 生垣撤去工事

既存の砂利を避け、お庭の土を掘り出す準備をしました。
今日はユニック車で作業を行っているので、お庭にモッコウと言う大きな布を置いて、その上に土を積み込んでいきました。
土でいっぱいになったモッコウをクレーンで吊り上げ、トラックの荷台にうつしました。
再びお庭にモッコウをセットして、土を出す作業を繰り返していきました。
避けた砂利を敷く部分を均していき、防草シートを敷いてから砂利をブロック側に寄せる感じで移動しました。
砂利があった部分の土も出していき、お庭の土を出す作業が終わりました。

庭リフォーム 砕石敷き工事庭リフォーム 砕石敷き工事庭リフォーム 砕石敷き工事庭リフォーム 砕石敷き工事庭リフォーム 砕石敷き工事庭リフォーム 砕石敷き工事

トラックに積んだ土を処分しに行き、砕石と転圧をする機械でプレートを積んで戻りました。
砕石もモッコウに積んでお庭に入れるので、ユニックをお庭の横に設置して、土を出した部分に砕石をあけていきました。
平板の仕上がりとなる高さを出していき、その印を基準にして、砕石を均していきました。
プレートをお庭に入れて、均した砕石を転圧していき、平らになるようにしていきました。
砕石を入れる作業まで終わりました。

庭リフォーム 砕石敷き工事

最後に通路や道路を掃除して、今日の作業を止めました。
明日は平板を敷く作業を行います。引き続き宜しくお願いします。


****************************************






庭リフォーム 八千代市緑が丘 K様邸

2016年1月8日



今日はコンクリート平板を敷く作業を行いました。

平板を敷くラインに仕上がり高さで糸を張り出します。
前日に転圧した砕石の上に、カラネリ(セメントと砂)という材料を練り、
出来たカラネリを張り出した糸の間に移し、プラスチックの鏝を使って、平らにします。
均したカラネリの上に平板を置いて、ゴムのハンマーで叩いていき、張り出した糸に高さを合わせました。
1列を敷いていき、同じように糸を張り出していき、建物基礎までの7列を順番に敷いていきました。

庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き

散水栓や両端の切り物の部分を残してメインを敷き詰めて、切り物を作ります。
道路側はすべて半切りを作って、出来た物を敷きました。
既存の階段部分もサイズを書き出して、平板を嵌め込んでいき、階段と同じ高さになるように敷きました。
散水栓の周りも納めていき、玄関側はピンコロラインに合わせて、10センチの隙間が空くように平板を曲線にカットした物を作り、モルタルを使って平板を敷きました。
すべての平板敷きが終わりました。
避けてあった砂利を平板の際まで敷いていき、玄関側の隙間にも砂利を入れていきました。
平板に珪砂を撒いていき、箒で掃きながら隙間に砂を詰めていきました。
平板を敷く作業が終わりました。

庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き

既存の花壇スペースに下草を植え込んでいき、道路側の花壇も既存と同じサツキを植えていきました。
生け垣が絡まっていたフェンスを掃除して、道路なども水を流しながら掃除をしました。

庭リフォーム 平板敷き庭リフォーム 平板敷き

私たちの作品を作る作業が終わりました。
今回はスペースガーデニングで施工をしていただきありがとうございました。
何かご不明な点などが有りましたら、営業の竹田にお申し付け下さい。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月12日




本日から着工をさせていただきます。
担当する佐藤 衛と佐藤 健二です。宜しくお願いします。

今日は解体作業を中心に行いました。

解体は私たち以外にも花澤工業にお願いして、6人で作業を進めていきました。
既存の境界ブロックが8段ほど積み上げているので、6段分を解体。
車庫の右側から順番に、下から2段目となる高さで機械を使ってブロックの目地をカット。
右側を先に解体し、ガラをトラックに積み込み、裏側へと移動しました。
裏側は隣地と接しているので、ガラが落ちないよいに注意しながら、解体を進めました。
今日は右側と裏側の解体がほぼ終わりました。明日は左側を解体します。

表側の塗装壁を剥がす作業をしました。
削岩機を使って端から順番に壁の下地を剥がし、今日の作業を止めました。

明日は境界ブロックの左側を解体しながら、玄関までのアプローチに貼ってあるタイルを剥がします。
明日も引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月13日




今日も引き続き解体作業を行いました。

花澤工業に左側の境界ブロックを解体してもらいました。
前日と同じように、2段目となる高さでカットをしていき、既存で付いているフェンスを撤去して、上から順番にブロックを解体してもらいました。
境界ブロックを解体する作業がすべて終わりました。

アプローチ部分のタイルを剥がす作業も続けて行いました。
奥から順番に削岩機を使ってタイルを剥がしていき、フロアーハッチや細かな部分は、ハンマーとノミを使って壊しました。
タイルを取り除いた下地を綺麗に掃いて掃除しました。
最後に水を流していき、アプローチのタイルを剥がす作業も終わりました。

境界ブロックの解体がすべて終わったので、振動ドリルを使って下穴をブロックのピッチに合わせて開けました。
掃除をしたブロックの天端に、ブロックを積む時にモルタルの着きを良くするため、左官用のノリを刷毛で塗りました。

明日はお庭の余分な土を出す作業と境界ブロックを積む為の準備をしていきます。
引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月14日




今日はお庭の土を出す作業を行いました。
まずはお庭にある切り株を抜く作業から。
重機で周りを掘り出していき、根を切りながら抜きました。
すべての切り株を抜き終わったので、掘削の準備を進めていきました。
お庭にの仕上がりの高さを出し、杭を打ち込んで糸を張り出しました。
この糸を基準にして、土を15センチ下がりになるように、重機と人力で土を掘削。
同時にお庭にある石を組み直しました。
図面を見ながら位置を出し、既存の石をあるだけすべて使い、図面に近い形で組みました。
石の中には重機で吊り上げないと移動が困難なサイズもあったので、土を出しながら石も移動しました。

石を組んだ手前と後ろ側で、仕上がりの高さが違うので、両方の高さを出して、高さを調整しながら平らにしました。
奥から道路側へと進めていき、重機での作業が無理なスペースまできたので、再びクレーン車で重機を吊り出しました。
残りの部分は人力で土を掘り出していき、土を掘り出す作業がすべて終わりました。
最後に抜いた切り株などを積み込んで、花澤工業の作業が終わりました。

境界ブロックの準備を進めました。
既存のブロックが軽量ブロックなので、すべてのブロックの穴にモルタルを入れる作業から始めてもらいました。
材料のモルタルを準備し、穴の充填。
前日に開けたアンカーの下穴に、ブロックの仕上がりの高さに合わせてカットしたアンカーを打ち込みました。
車庫の際から玄関の奥までは、6段のブロックを積み上げるので、13ミリの鉄筋を立ち上げました。

アンカーの準備が終わり、先端すべてにキャップをしていきました。
続けてブロックの天端を調整する作業をしました。
角のブロックを基準にして、水平を確認しながら、ブロックに板を固定。
板をブロックにパッキンやクランプという道具を使って挟んで、水平を見ながら平らになるようにセット。
板の高さに合わせてモルタルを入れました。
裏側と左側は明日に行います。

明日はブロックを積む作業も始めていきます。
引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月15日




今日はブロックを積む作業も始めました。

ブロックの本数を下ろし、既存の車庫に養生を行ったうえで、モルタルを練る準備をしきました。
練ったモルタルをバケツに入れて運んで、高く積み上げる部分から作業を開始。
天端調整を行った両端にモルタルを鏝で乗せていき、コーナータイプのブロックから積みました。
水平を見ながらハンマーの柄でブロックを叩いて、1段目の仕上がりの高さに合わせました。
先に積んだブロックに糸を張り出して、残りにもモルタルを乗せました。
張り出した糸に高さとラインが合うように積み、1段が積み終わったあとは、繋ぎ部分や穴にモルタルを充填して、2段目を積んでいきました。

2段目も同じように積んでいき、3段目は横筋タイプのブロックを積んでいきます!
両端はコーナータイプを同じように積んでいき、残りの部分は横筋タイプのブロックを積みました。
積み終わったブロックに充填をして、ブロックの天端に13ミリの鉄筋を流して、立ち上げた鉄筋と結束をしてから天端をモルタルで埋めました。
さらにもう1段を積んで、この部分の作業は止めました。
続きは明日に行います。

高く積み上げる部分から先のブロックも少しだけですが積みました。
1段積みでフェンスが付くので、柱が入る基本タイプかコーナータイプのブロックを積んでいき、残りの部分は横筋タイプのブロックを積んでいきます。
既存のブロックになるべく合うように積みました。
積み終わったブロックの繋ぎ部分にモルタルを充填して、柱が入る部分はそのままにしておきます。
右側の1段を積む作業は終わりました。

天端の調整も行いました。
裏側から始め、前日と同じように板を水平に設置して、クランプやパッキンを使って固定。
準備が出来た部分からモルタルを使って平らにし、境界ブロックの天端調整がすべて終わりました。

明日は裏側のブロックも始めます!
引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月16日




今日はブロックを積む作業の続きを行いました。

ブロックを配って材料のモルタルを準備。
練ったモルタルをバケツに移して運んでいき、高さがあるので、足場を作りました。
両端のブロックを積んで、糸を張り出しました。
残りもモルタルを乗せて、張り出した糸に合うように、基本タイプのブロックを積みました。
積み終わったブロックにモルタルを充填。
次の段で仕上がりとなるので、両端は同じように積んでいき、残りの部分は横筋タイプのブロックを積みました。
積み終わったブロックに充填を行い、ブロックの溝に13ミリの鉄筋を流していきました。
立ち上げた鉄筋と結束をしてから天端をモルタルで埋めました。
控え部分も鉄筋を繋げて、高く積み上げる部分のブロックが終わりました。

境界ブロックの内側に、養生シートを敷いていき、その上に使用するブロックを配布。
境界ブロックは距離が長いので、両端と真ん中にブロック積んでいきました。
このブロックに糸を張り出して、左側から順番にブロックを積みました。
既存のブロックの縦目地になるべく合うように積んでいき、積み終わったブロックにモルタルを充填。
左側の直線が積み終わり、続けて裏側も同じように積みました。
積み終わったブロックの目地を押さえて、掻き落としたモルタルの掃除。
ブロックの天端に鉄筋を流して、モルタルで天端を押さえていきました。
左側は柱が入る部分以外は仕上がりました。
裏側のブロック積みも終わり、ブロックに充填をしてから目地を仕上げました。
天端は鉄筋を流していき、ブロックの天端から1センチ下がりになる高さで、溝にモルタルを入れていき、均して作業を止めました。
天端仕上げは夕方だと凍結の恐れがあるので、週明けに天端を仕上げます。

ブロックを積む作業は今日ですべて終わりました。
来週からはフェンスの柱を立てる作業やお庭の施工を進めていきたいと思います。
引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月19日




今日は色々な作業を進めました。

既存門扉の柱を新しく変えるので、柱を抜く為に足元を解体。
足元のコンクリートに切り目を入れ、削岩機を使って30センチほどの厚みがあるコンクリートを壊しました。
新しい門扉が納品されるまで門扉を使用するので、クランプを使って柱を壁に固定して、門扉を再びセットしてもらいました。
新しい門扉の納品をお待ち下さい。

門扉の作業を行っている間に、お庭に砕石を敷く作業を行いました。
インターロッキングを敷くラインと高さに糸を張り出しました。
砕石をお庭の奥から順番に運び入れ平らにし、プレートという機械を使って転圧。
転圧をした砕石の高さをチェックして、低い部分は再び砕石を入れていきました。
インターロッキングを敷く部分の砕石を入れる作業は終わりました。

石貼り部分にも砕糸を基準にして、砕石を入れました。
プレートで転圧を行い、高さを調整。
この部分は下地コンクリートを打つので、組んだ石の手前に、切った板を打ち込んで、作業も終わりました。

今日はフェンスの柱を立てる作業をしました。
柱が入るブロックの穴にはモルタルを充填をしていないので、モルタルを入れて柱を差し込んでいきました。
水平を何度か見て、6本だけ柱を立てました。
明日はこの柱に糸を張り出していき、残りの柱を立てていきます。

既存のポストを新品に入れ替えました。
既存のポストはRCの壁の中に入っているので、壁とポストの隙間に詰め込んであるモルタルを除去。
表側からハンマーでポストを叩きながら取り出し、新しいポストを嵌め込みました。
嵌め込んだポストの水平を見て、RCの壁とポストの隙間に、モルタルを詰め込んでいきました。
ポストが動かないように養生を行い、ポストの取り替えが終わりました。

明日はフェンスの柱を立てる作業の続きから始めていきます。
引き続き宜しくお願いします。








八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月20日





フェンスの柱を立てる作業の続きを行いました。
モルタルを準備して、前日に立てた柱に糸を張り出して、柱のラインを出しました。
左側から柱にピンを差し込んで、ブロックの穴にモルタルを充填。
柱を立て、水平を見ていきました。
今日は風が強いので、モルタルが固まるまで、柱の水平をとラインを何度もチェック。
すべての柱を立てる作業が終わりました。
続けてブロックの天端を仕上げました。
ブロックの穴や溝にモルタルを入れて、金鏝を使って平らにしきました。
何度か平らにしたあと、ブロックの縁を刷毛で掃除しながら、刷毛引き仕上げました。
境界ブロックの天端も終わりました。
フェンスの取り付けは明日に行います。

玄関側の高く積んだブロックの中心に、同じ高さの控え壁を積み上げました。
既存のタイル下地に印を書いて、アンカーの下穴を開けました。
準備が出来たので、モルタルを使ってブロックを積みました。
積み終わったブロックにモルタルを充填。2段目も同じように積みました。
この段でブロックの側面にアンカーを打ち込んで、立ち上げた鉄筋と結束してから天端を埋めました。
同じように4段目と最後の段にもアンカーを打ち込んで、控え壁を積む作業が終わりました。

今日は新しい門扉の納品もあったので、既存の門扉を撤去。
新しい門扉の柱を立てる作業をしました。
開口幅と高さをチェックし、既存の壁と柱の間に角材を挟んで、柱をクランプで壁に固定。
水平と高さをチェックして、コンクリートを流しました。
2本の柱を立てる作業も終わりました。
本体の取り付けは明日に行います。

既存の水道メーターの高さを調整して、メーター周りにコンクリートを流しました。

お庭の石貼り部分にコンクリート製の桝があるので、フロアーハッチを設置。
ハッチに石を貼っていき、桝が目立たなくなるようにしていきます。
石貼りの高さで糸を張ってあるので、モルタルを使ってコンクリート製のサイコロをセット。
フロアーハッチを置いて、水平を見ながら糸の高さに合うように、ハッチを叩いて高さを合わせました。
石貼り部分で3ヶ所のフロアーハッチを設置しました。
インターロッキングの部分で1ヶ所設置して、フロアーハッチの設置が終わりました。

最後に既存の車庫とタイル張りだった部分との境に、自然石を1列貼っていきました。
コンクリートに釘を打ち込んで、仕上がり高さとラインに糸を張り出しました。
モルタルを使って道路側から順番に、納品された石を貼っていきました。
既存のタイル下地にモルタルを置いていき、ハンマーの柄で叩いて高さを合わせていきました。
門袖の手前部分まで石を貼りました。石と石の間に目地を入れる作業は明日に行います。

明日はフェンスの取り付けから始めていきます。引き続き宜しくお願いします。





八千代市 リフォーム工事 I様邸

2016年1月21日




今日はフェンスの取り付けを行いました。

立てた柱にフェンスをセットして、付属の金具を取り付けていきました。
1番角の切り物となるフェンスを残して、裏側も同じようにフェンスを取り付け。
裏側のフェンスも切り物があるので、角の部分のサイズに合わせて、メッシュフェンスをカットしていき、切り口にゴムキャップを嵌めてから、フェンスを取り付けました。
裏側のフェンスが終わったので、左側の切り物もサイズを合わせてカットしました。
この角の部分にコーナー金具を取り付けて、メッシュフェンスの取り付けが終わりました。

向かって右側には目隠しタイプのフェンスを取り付けました。
端から順番にフェンスをセットしていき、3枚の目隠しフェンスを取り付け。
最後の部分は切り物なので、明日に切り物を作ります。

お庭に移動をして、ピンコロを積む作業もしました。
インターロッキングのスタート部分や際に、ピンコロを2段積んでいき、土留めにしました。
1段目の高さとラインに糸を張り出し、土を鋤き取って砕石を敷いて転圧。
それからからベースを打ちました。
時間を置いてから、モルタルを使ってピンコロを積んでいきました。
端から順番にピンコロを置いていき、小さなハンマーで叩き、張り出した糸に合わせました。
積み終わったピンコロにモルタルを詰めて、糸を2段目に張り直して、同じようにピンコロを積んでいきました。
目地を仕上げる作業は後日に行います。

車庫の見切りに入れた自然石に、モルタルの目地を入れました。
目地鏝を使ってモルタルを詰めていき、スポンジを水で濡らして目地を綺麗に拭きながら仕上げました。
この部分の目地は終わりました。今日の作業はここまでで止めました。

明日はフェンスの切り物を作っていき、お庭のインターロッキングを敷く作業を始めていきます。
引き続き宜しくお願いします。





カテゴリー

ページの先頭へ