新築外構工事・市川市・N様邸

新築外構工事・市川市・N様邸

2013年4月25日



佐藤にお願いしてデッキの横に積んだブロックに笠木を設置してもらいました!
300×300という大きさの自然石をモルタルで設置していきました。
ブロックの中心を出して、左右に二枚ずつ均等になるように印を書いていき、
積み終わったブロックの上にモルタルをのせていき、
水平を見ながらハンマーの柄で叩いていきました。四枚を均等に並べ終わったら、
笠木の間にモルタルを充填していき、目地を仕上げて完成です!
この部分はベンチになりました!ブロックに左官をしたらもっと格好良くなるので、
楽しみしていて下さい。

新築外構工事 市川市新築外構工事 市川市新築外構工事 市川市

次に飾り壁など左官仕上げとなる部分に、下地の左官をします!
そのためのノリを積み終わったブロックに塗っていきました。
刷毛とローラーを使って、ブロックの表面などに、下地左官用のノリを塗りました!
下地左官をした時に下地がしっかりとブロックに着くようにするための作業です!
左官仕上げのブロックすべてにノリを塗り終わりました。

新築外構工事 市川市新築外構工事 市川市新築外構工事 市川市

次に下地左官を行うための準備をしていきます!
プラスチック製の物でツートンと言う定規を、ブロックの角すべてに貼っていきます!
定規の角を鋏で三角にカットして、ツートンにボンドを塗っていき、
ハンマーの柄でトントンしながら貼っていきました。プラスチック製なので、
反ってる物などはパッキンと言う挟む道具を使って、
ツートンを押さえながら取り付けました。

新築外構工事 市川市新築外構工事 市川市

ツートンが着いたのを確認して、
下地材の軽量骨材を練り、ブロックの天端と側面を左官していきました!
金鏝と鏝板を使って、貼ったツートンの高さになるように、
軽量骨材を塗っていきました。鏝で何度か押さえていき、
平らになるように均していきました。今日は天端と側面の一部を塗りました。
門扉を取り付けました。

明日も引き続き下地左官を行います。

宜しくお願いします。


カテゴリー

ページの先頭へ