市川市・新築外構工事・U様邸

市川市・新築外構工事・U様邸

2010年12月20日

外溝工事が得意な衛です!

今日から本格的に作品づくりに入ります。現場を担当する衛と近藤です。宜しくお願いします。

先行して片山班に境界ブロックを積んでもらいました。境界ブロックの一部が水道メーターの絡みがあり、積む事が出来てませんでした。今日の朝一番にメーカーの水道屋さんが来てくれて作業を行ってくれました。これでブロックを繋ぐ事が出来るので、コンクリートを練りベースを打ち、化粧ブロックを積みました。境界杭に重なる部分は、ブロックを切る機械と粉を吸う機械を使い杭が見えるように、カットしたブロックを積んでいきました。水平を見ながらハンマーの柄で叩いて高さを合わせていきました。積み終わったブロックの繋ぎ部分と穴にコンクリートを充填していきました。二段目からは積み終わったブロックの天端に、モルタルをのせていき、水平を見ながら積んでいきました。積み終わったブロックの繋ぎ部分と穴にコンクリートを充填していきました。この段でブロックの天端に鉄筋を流していき、縦に立ち上げた鉄筋と結束を行っていきました。残りの段も積み上げていき、角部分を繋げる事が出来ました!最後にブロックの目地を専用の鏝で押さえていき仕上げました


次に玄関ポーチのブロックを積む作業を行いました。まずは遣り方を出して、ブロックを積むラインを近藤と寸法を出しながら、一段目となる高さに糸を張り出しました。この糸を基準にして、土を鋤き取っていき砕石を敷いていきました。転圧した後に縦に立ち上げる鉄筋を準備しコンクリートを流して、プラスチックの鏝で、平らに均していきました。張り出した糸に合わせて、水平を見ながらハンマーの柄で叩いて積んでいきました。カットして積まなくてはいけない部分は、近藤にカットをお願いして、出来たものを積んでいきました。積み終わったブロックの繋ぎ部分にモルタルを充填していきました。二段目もモルタルを使い同じように積んでいきました。三段目も同じように積んだ後に、鉄筋を曲げたものを作りブロックの形合わせて入れていき、立ち上げた鉄筋と結束をしていきました。ポーチの中にコンクリートを打つ作業は後日に行います。






良い作品に仕上がるように頑張ります!宜しくお願いします。


カテゴリー

ページの先頭へ