船橋市宮本・新築外溝工事・A様邸

船橋市宮本・新築外溝工事・A様邸

2010年11月12日

外溝工事も得意な衛です!

今日はアプローチの作業を進めていきました。
アプローチの距離が長いので、クランクが入りにくくするために、三ヶ所に伸縮目地を入れました。木枠の高さに合わせてモルタルを使い据え付けました!次に転圧が終わった砕石の上にメッシュと言う鉄の網状の物を敷いていきました!アプローチが曲線なので、曲がりに合わせてメッシュをカットしながら重なり合うように敷いていき結束をしてワンスパンずつ一枚の大きな網にしていきました。メッシュと砕石の隙間にスペンサーと言う物を挟んでいきメッシュを浮かせていきました。

準備が出来たアプローチにコンクリートを流していきました。夕方の3時に頼んでおいたので、使用する鏝や道具を出して奥から流していきました。近藤と助っ人の竹田が一輪車でコンクリートを運んでもらい、私は木枠の高さに合わせて均していきました。アプローチに今回使用するコンクリートは洗い出し用の物で、通常のコンクリートとは砂利が違います!!このコンクリートを組み終わった木枠部分に流した後に、角を面取り鏝を使い押さえていきました。

次に噴霧器の中に遅延材と言う液体を入れて、打ち終わったコンクリートの表面に散布していきました。遅延材を掛けたコンクリートの上に養生シートを敷き詰めていき、風などで飛ばないように現場用のホッチキスを使い木枠にシートを止めていきました。こうする事によりコンクリートの表面部分だけ固まるのを遅らせることが出来るので、夕方に打ったコンクリートを翌朝に洗い出す事が出来ます。





明日の朝一番で表面を洗います!!通常のコンクリートとの違いがすぐにわかります。楽しみにしていてください!良い作品に仕上がるように頑張ります。宜しくお願いします。


カテゴリー

ページの先頭へ