習志野市実籾・I様邸

習志野市実籾・I様邸

2010年2月10日

外溝工事が得意な衛です。

今日は積み終わった角柱の天端に笠木となる四角い平板を取り付けました。モルタルを準備し角柱の上にのせ平板を置き均等な出幅になるようにセットをした後に水平を見ながらハンマーの柄で叩いて仕上がりの高さで積みました。



角柱ブロックの角にもツートンを貼り下地左官が出来るように準備をしていき、ブロックの表面に下地左官用のノリを塗りました。角柱の真ん中に凸凹があるんですが、ツートンを貼る前に左官で幅の調整をしていくので木の定木などをコンクリート釘を使い打ち込んでいき固定していきました。ツートンが貼り付くまでに花壇ブロックの立ち上がり部分を左官していきました。表と裏側を塗っていき平らになるように押さえてから仕上げの鏝を使いさらに押さえ綺麗に仕上げていきました。時間をおきツートンが付いたので、角柱の側面などを塗っていきました。上から順番にツートンの高さに合わせて均していき下の方へと塗り進めて行きました。一面すべてを塗った後に仕上げの鏝を使い押さえていき平らになるようにしていきました。一部を除いて下地左官は終わりました。



良い作品づくりが出来るように頑張ります!宜しくお願いします。



カテゴリー

ページの先頭へ