八千代市大和田・M様邸

八千代市大和田・M様邸

2008年7月29日

外溝工事担当のMAMORUです

今日は車庫を打ちました。車庫のコンクリートは二種類で、今回は洗い出しと言うコンクリートを打ちました。まずはじめに、木枠の各大きさにあわせてメッシュと言う鉄の網状の物を敷き込んでいきます。木枠や平板の形にあわせてカットしていきます。重なり合わせた部分を結束していき、木枠内で一枚の大きな網にします。次に砕石とメッシュの間を持ち上がるようにかませて準備完了です。

コンクリートが来るまでに!受け取る場所にシートを敷いたり、使用する鏝を用意したりします。コンクリート車が到着!竹田が一輪車で運び入れます。私は長靴を履き手に鏝を持ち、運ばれてくるコンクリートを均して行きます。今回は大、中、小と木枠が五ヶ所ありまして、一ヶ所ずつ順番に流していきます。

二ヶ所均した時点で一度、セメントが固まるのを遅らせる液体で、遅延材と言う物を散布します。残りの三ヶ所を打ち終わり、同様に散布してから一番最初に打ったコンクリートに戻りまして、木枠と敷きレンガの縁を面鏝で押さえていきます。こうしておけば角が欠けにくなるからです。面をすべて押さえた後に土間全体を鏝で再度!均してから遅延材を撒き養生シートを被せて表面が渇きにくなるようにしていきます。こうして、五ヶ所すべて同じような施工していき、洗い出しの土間打ちは完成です。洗う作業は明日の朝一番に行ないます。

サークルの突き当たりにある立水栓の下に排水用の受けを作りまして、先程のコンクリートで下地を打っておきました。その他にも敷きレンガの続きを行ないまして、敷きレンガは全て終わりました。

明日はもう一つの土間で金鏝仕上げの土間も打ちます。楽しみにしていてください!良い作品が出来上がるように頑張ります。宜しくお願いします。

2008072901S2008072902S2008072903S2008072904S2008072905S2008072906S2008072907S


22:11 |  

カテゴリー

ページの先頭へ