新築外構工事・船橋市・N様邸

新築外構工事・船橋市・N様邸

2014年1月25日



今日はコンクリートを流していきます。

コンクリートがAM10時過ぎなので、現場に到着して、佐藤にお願いして、
玄関脇のスロープとなる部分に、メッシュを敷き入れてもらいました!

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

幅に合わせてメッシュをカットしていき、前日に組んだ鉄筋と、
結束をしていきました。メッシュを敷き終わったら、サイコロを挟んでいき、
砕石とメッシュを浮かせていきました。これで準備が終わりました。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

トラックに、砕石を積んできたので、門袖の裏側に、運び入れていきました。
平らに均していき、歩きやすいようにしていきました。

新築外構工事 船橋市

残りの砕石は、車庫になる部分に、入れていきました。
車庫部分は、まだまだ砕石が入るので、後日に運び入れたいと思います。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

コンクリートを運び入れる為に、所々に板を敷き、一輪車の通り道を作りました。
コンクリートを打つ道具を準備していきました。

新築外構工事 船橋市

時間になり、コンクリートミキサー車が、到着しました。
コンクリートを受けとる場所に、養生シートを敷き、
佐藤が一輪車で、コンクリートを受け取ります!

新築外構工事 船橋市

私は長靴を履き、プラスチックの大きな鏝を持ち、
1番奥のデッキ部分で、佐藤が来るのを待ちます。
道路からデッキ部分までは、25メートル近くあるので、ちょっと佐藤が大変です!

新築外構工事 船橋市

一輪車でコンクリートを運んで来て、私の足元にあけていき、
墨出しをした建物の基礎や、組んだ木枠の高さに合わせるように、
コンクリートを平らに均していきました。
広い部分を先に流していき、細い部分を最後に流していきました。
さすがに佐藤も疲れたようです。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

そのままノンストップで、玄関脇のスロープにも、コンクリートあけていきました。
木枠を組んだ部分が深いので、先に流していき、
ある程度コンクリートを入れ終わったら、1番上からあけていきました。
こちらも同じように、仕上がりとなる高さと木枠に合わせて、
プラスチックの鏝で、コンクリートを均して、平らになるようにしていきました。
これで、2ヶ所のコンクリートを流す作業が終わりました。
これから、仕上げる為の作業をしていきます。

新築外構工事 船橋市

打ち終わったコンクリートに、モルタルタンバーと言う道具を持ち、
中に入っていきました。モルタルタンバーは、
コンクリートの表面を、打設していく道具です!

新築外構工事 船橋市

打設する事で、表面の砂利を沈めていきながら、
コンクリート内の空気を抜いていき、クラックが入りにくくなるようにしていきます。
基礎側から順番に、タンバーをパタパタしていきました。
半分ほどタンバーをしたら、アルミのトンボを使って、
打設したコンクリートの表面を、平らにしていきました。

新築外構工事 船橋市

自分で届く範囲を、先にタンバーとトンボを行い、
残りも同じように、作業を行いました。
トンボが使いにくい部分は、金鏝を使って、押さえていきました。
デッキ部分の打設と、表面を均す作業が終わりました。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

少し時間を置きます。
スロープ側は、もう少し時間を置いてから、打設とトンボを行います!
早すぎると、コンクリートが下がってくるので、少し固まってきたら行います。

私が色々とやっている間に、佐藤も違う作業を、進めてもらいました。
玄関前に、見切りレンガを入れるので、仕上がりとなる高さとラインに、
糸を張り出してもらいました。コンクリートを、
ドラム缶に一杯取っておいたので、このコンクリートを、
張り出した糸から、レンガの厚み分下げて、均していきました。

新築外構工事 船橋市

門袖の手前にも、見切りレンガを入れるので、
同じようにコンクリートを均していきました。
先に打った玄関前から、レンガを並べていきました。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

張り出した糸に合うように、ハンマーの柄で、叩いていきながら、
玄関前から順番に、境界ブロック側へと、並べていきました。
最後のレンガは、長さを合わせて、カットした物を入れました。
門袖前も、組んだ木枠側から進めていき、境界ブロック側へと並べていきました。
この2ヶ所は終わりました。残り3ヶ所あるので、
来週も頑張って、進めていきたいと思います。

新築外構工事 船橋市

佐藤も頑張っているので!私も引き続き、コンクリートを仕上げていきす。
デッキのコンクリートの表面から水が引いてきたので、
木枠の縁に、面取り鏝を使い、コンクリートの角を、押さえていきました。
角を押さえることで、欠けにくくなります!
木枠の縁に沿って、ゆっくりと面取り鏝を当てながら、
角を押さえていきました。面取りが終わったので、
スロープ側のコンクリートに、打設とトンボを行いました。
木枠の縁に、同じように面取りを行い、再びデッキ側に戻ります。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

デッキ側は、中に入らないと、仕上げが出来ないので、
土間に乗るために作った板を、2枚用意したので、コンクリートの上に置き、
プラスチックの鏝と金鏝と左官刷毛を用意して、さらに掃除用のバケツに、
水を入れてから、ブラシと刷毛を準備して、板に私が乗りました。
基礎側から順番に、プラスチックの鏝で、際などを均していき、
金鏝で表面を押さえていきました。


新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

基礎に着いた汚れなどを、濡らした刷毛やブラシで、
掃除をしながら、左官刷毛を横に引いていき、
刷毛引き仕上げにしていきました。自分の届く範囲で仕上げていき、
手前の方へと下がっていきました。
広い部分を半分ずつ仕上げていき、細い部分も仕上げていきました。
次にスロープ側に移動して、同じように、上から順番に、
表面を均していき、基礎に着いた汚れなどを掃除していきながら、
刷毛引き仕上げにしていきました。両方のコンクリートに、刷毛引きが終わりました。
さらに少し時間をおいてから、再び面取り鏝を使って、
縁だけを押さえていき、刷毛引きと面取りの区別がつくように、
仕上げていきました。2ヶ所のコンクリート打ちが終わりました。

残りの時間で、門袖の左側に、アルミの角柱を立てる作業を行いました。
門袖の後ろ側に、仕上がりとなる厚みで、木を万力で固定しました。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

角柱が2本立つので、木にアルミの幅と、空ける隙間の印を書いていきました。
この印に合うように、角柱を1本ずつ立てていき、水平と高さを確認しながら、
木に養生テープを使って、止めていきました。2本の角柱を設置して、
足元にコンクリートを入れていきました。角柱の設置が終わりました。
帰る前に、打ち終わったコンクリートに、凍結を防ぐ為に、
養生シートをかけました。風で飛ばないように、
木枠に工事用のホッチキスを使って、細かくシートを止めていき、
広い部分には、板を置きました。スロープ側も、
同じように養生を行い、今日の作業が終わりました。

新築外構工事 船橋市新築外構工事 船橋市

来週は、ポストの設置や見切りレンガを行い、現場を進めていきたいと思います。
引き続き宜しくお願いします。


20:49 |  

カテゴリー

ページの先頭へ